I LOVE 韓流 Welcome to Natsuki's Blog スキになったら止まらない

韓流LOVEなBLOGです☆ >>恋して愛して韓国ドラマ(I Really Love Gyao & English & Korean♪)
韓流スターのフォトと動画を楽しみませんか?☆ >> 韓流スター☆のフォト&動画集
'08 2/11にActiblogから引越してきました ☆>>旧「韓国☆サランヘヨ目るんるん

2008年09月16日

チ・ジニ 『神の雫』の亜樹直さんとスペシャルワイン対談

スポットライト.jpg
(MBC スポットライト)


【8月11日 Contentslink】韓流スターのチ・ジニ(Ji Jin-Hee)が、漫画『神の雫』の原作者の亜樹直(Tadashi Agi)さん姉弟(※注)と夢のワイン対談を行った。

 このほどチ・ジニは、ワインをテーマにしたイタリア旅行についてのエッセー本『Wine Story In Italy(仮題)』を出版する予定で、この一環として今回のスペシャル対談が実現した。

 同日の対談は、全世界にワインブームを巻き起こした『神の雫』の亜樹さん姉弟と、ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い(Jewel in the Palace)』で、アジア全域に韓国料理ブームを呼び込んだチ・ジニが顔を合わせるということで話題になっていた。

 特に、チ・ジニは同漫画の熱狂的なファンで、亜樹さん姉弟も同ドラマの熱烈な視聴者だったことから、対談は終始和気あいあいとした雰囲気の中で進められた。

 8月1日、東京の吉祥寺にあるイタリアンレストランで行われた対談で、チ・ジニは「亜樹さんは、考えていたより何倍もクールな方々でした」とあいさつをしたかと思うと、亜樹さん姉弟も「いつもチ・ジニさんはかっこいい俳優だなと思っていました。『宮廷女官 チャングムの誓い』で着ていた時代劇の衣装もよく似合っていましたが、今日のスーツはそれよりもすてきですね」と応えた。

 同日、亜樹さん姉弟は、同エッセー本がより面白く充実した内容となるようにと、イタリアワインや料理、旅行についての全般的なアドバイスを惜しまなかった。

 2時間半におよぶ対談と食事で公式的なイベントを終えた3人は、しばらくプライベートな記念撮影やサイン交換などを行って、別れを心から惜しんでいた。

 一方、チ・ジニは8月末に、同エッセー本の出版のためにロマンの国、イタリアに旅立つ。イタリアの名所やワインの深い味と香りをたっぷり吸収して、大人の余裕の楽しみ方を提案してくれることだろう。

 ※注:2人でユニットを組んでいるため、公式的には「亜樹直」は姉弟共通のペンネームとなっている。姉は樹林ゆう子、弟は樹林伸が本名。(c)Contentslink




『神の雫』は、亜樹直(あぎ・ただし)さん原作の漫画で
韓国でもワインブームを巻き起こすほどの人気漫画です。

この漫画は、世界的なワイン評論家で父の遺言により
「十二使徒」と呼ばれる12本の偉大なワインと
その頂点に立つ幻のワイン「神の雫(しずく)」を
探し求める男二人の姿を描いたもので
登場人物の一人のである遠峰一青は、ヨン様こと
ペ・ヨンジュンssiがモデルになっているといわれています。

829297699062980316.jpg
(遠峰一青)

また、亜樹直さんとヨン様は、韓国でワインを飲みながら
親交を深めたといいます。

今年の9月4日に、ヨン様が大株主であるキーイーストが
講談社と韓国語ドラマの版権契約を結んだと発表しました。

『神の雫』の韓国版ドラマが誕生することになったのです。

遠峰一青役は、亜樹直さんがモデルにしたヨン様が
有力視されているようです。

これがドラマになったら、絶対に面白くなりそうです!

ヨン様が出演を決めてくれることを願うばかりです。




チ・ジニ1.jpg

☆*:;;;:*☆*:;;;:☆*:;;;:*☆*:;;;:☆*:;;;:*☆*:;;;:


ブログランキングに参加しました(*^^)v

応援お願いしま〜す☆励みにして頑張ります♪
  ↓


にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへハートたち(複数ハート)











posted by NATSUKI at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チ・ジニ(Ji Jin-Hee) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106654372

この記事へのトラックバック